「プカプカ」とは南太平洋で赤道に近い位置にある北クック諸島の
小さな島の名前です。
昔、プカプカ島ではココナッツを主食とし、殆ど病気とは
無縁だった島民たちの食生活が、西洋の食生活
(特にマーガリンや精製油など)に変わったことで、
病気が増えてきました。 Ian Prior博士の調査研究では、
プカプカ島の島民が元々ココナッツを主食にしていた時代には
腎臓疾患の徴候も、脂質が影響する甲状腺機能低下症もなく。
また、高コレステロール血症、アテローム硬化、心臓病、大腸炎、
大腸癌、痔核、潰瘍、多発性憩室症と虫垂炎など虫歯さえも
ありませんでした。島民の食生活は非常に高い
飽和脂肪食にもかかわらず痩せており健康でした。
島民は全体として栄養学者が使用する
ボディーマスインデックス図と比較して、
体重-身長に対する比率が理想的でしたし便秘もまれで、
1日平均で2回以上便通がありました。
しかし、西洋の食生活(特にマーガリンや精製油など)が
入ってきてから、前述の病気が沢山見られるようになり、
島民はポッチャリの体型へと変化したと
Ian Prior博士は発表しています。
引用文献:The Healing Miracles Coconut Oil ブルースファイフ博士 著

私たちは昔のプカプカ島の島民のように健康な身体を
維持するために思いを込めて、弊社のココナッツ製品を
ブランド名「プカプカ PUKAPUKAと名づけました。