プカプカPUKAPUKAのココナッツオイルの農場は、スリランカの大自然の真っただ中にあります。製造する工場も近くにあり衛生的な設備で収穫後1時間以内に絞ることができます。

新鮮なココナッツを収穫し1時間以内に低温圧搾で一番搾り(オーガニック原料100%のローフード)
契約農家が収穫した化学肥料、農薬など一切使用せず育てられたココナッツの果実のみ使用して低温圧搾
(コールドプレス)で抽出した無添加・無精製・無漂白、混じりけなしの安心のココナッツオイルです。
ココナッツのカラを割ってから1時間以内に搾ってろ過しただけの、化学処理もしていない一番搾りなのです。
温圧搾で搾り出したオイルは、新鮮なココナッツの優れた酵素などの栄養素がそのまま凝縮し、自然でマイ
ルドなココナッツのアロマとフレイバーをお楽しみいただけます。
市販されているオイルの多くは、化学溶剤を使い、高温・高圧で精製して、脱臭などの工程を経て、つくる方法が主流です。その方法では元来オイルに含まれているカルシウムやマグネシウムなどの栄養素が残りにくく、カロリーだけの油になりかねません。また精製工程で有機溶剤が使用され、これがオイルに残り体内に悪影響を及ぼすこともありまし、同時にトランス脂肪酸も発生します。
精製品とは違い、ココナッツの胚乳や薄皮に由来する色むらや沈殿・浮遊物がみられることがありますが、
不良品ではありませんので、ご安心ください。
プカプカPUKAPUKAエクストラバージンココナッツオイルの特長は、香りが控えめで良質な成分を豊富に含んでいることです。その秘密はDME製法(ダイレクト・マイクロ・エクスペリング製法)で抽出しているからです。
DME製法は、オーストラリアのダン・イーサリントン博士によって開発されました。DME製法のエクストラバージンココナッツオイルは、収穫から圧搾まで一貫してつくる、新鮮で高品質なオイルで、ココナッツのカラを割って胚乳を取り出し、1時間以内に搾られたバージンオイルです。低温加工(約35℃以下の低温圧搾)で製造されています。
ココナッツ特有の強く甘い香りがちょっと苦手という方にも好評で食べやすく、ほのかな香りを楽しんでいただけます。食事に美容に、日々の生活に取り入れて下さい。
プカプカPUKAPUKAのエクストラバージンココナッツオイルは、権威のある認定期間、
ORGANIC EU(ヨーロッパの厳しいオーガニック認証)・USDA ORGANIC(アメリカの厳しいオーガニック認証)のオーガニック認定を受けている商品です。
世界的な衛生基準をクリアした工場で35%以下の低温圧搾ながら水分量を0.05%以下に抑えて、ていねいに
作られている濃厚で芳醇なオイルです。
オイルは残留水分量があると劣化の原因になり、また香りも少し酸っぱい香りになってしまいます。そのため
プカプカPUKAPUKAでは出荷前には細菌や微生物検査に合わせてすべての水分量のチェックを行っています。
スイスに本部をおく世界最大級の検査及び審査登録機関 SGS (Société Générale de Surveillance)の検査を
クリアした製品のみをお届けしています。
紅茶で有名なスリランカは以前セイロンと呼ばれていました。
スリ(シュリー)は「聖なる」という意味の接頭辞で「光り輝く」「高貴な」といった意味合いを含み、
ランカは「美しいこと」を意味し、スリランカ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が6件、自然遺産が2件あります。
その名の通り素晴らしい自然に恵まれた美しい国ですが、国民の7割が仏教徒の国で、勤勉な国民性であり
ながら、日本の細かい気配りも理解できる、神秘の国でもあります。また、約束を守る国民性でも有名です。農業も水田稲作中心で日本とよく似ていますね。

イスラムの伝承ではエデンの園を追放されたアダムとイヴがこの島を訪れたとしています。そして、世界でも数少ない初等教育から高等教育まで、全ての教育が無償な国の一つです。
スリランカの識字率は92.5%で、開発途上国としては極めて高い水準です。とっても頭の良い国民たちですね。
そんなスリランカの人々によって、汚されていない大自然の環境の中で、プカプカPUKAPUKAのココナッツオイルは生産されています。


ココナッツ自体、スーパーフードTOP10の一つとして選ばれるほど、その優れた栄養価に注目が集まり、米国
のローフード界ではココナッツ・センセーションんが巻き起こっているほどです。
ローフードとは、本来食物が持っている酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取する事を目的とする
食生活の事を言います。美容や健康を目的としています。
熱を加えない(※注意48度以下であれば問題なしと定義しています)調理方法で野菜や果物、肉や魚を頂き
ましょうという事です。栄養価を効率よく摂取する事が出来、また免疫力の向上や、ダイエット効果、デトック
ス効果、体脂肪減少などが期待でき、常習的なカラダの不調も解消されるといわれます。
ココナッツオイルにはラウリン酸とビタミンEが豊富に含まれており、その成分が肌に良い効果をもたらせて
くれるため、オイル美容に適したオイルです。
ココナッツオイルに含まれるラウリン酸も、臨床実験で湿疹や水虫、カンジダなどの菌が原因となる肌トラブル
の予防に有効であることが証明されているということです。

抗菌薬としての脂肪酸と誘導体
引用文献:“Fatty Acids and Derivatives as Antimicrobial Agents”
By JON J. KABARA, DENNIS M. SWIECZKOWSKI, ANTHONY J. CONLEY, AND JOSEPH P. TRUANT


ビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれ、老化を促進する肌や体の酸化を防ぎ、
美肌効果や血行の促進を促します。シミやくすみも防ぐ効果もあるということで、スキンケアに非常に重要な
役割を担います。
サラっとしたココナッツオイルは、メイク落としにも最適です。粒子が細かいので少量で済み、油っぽさが少ないです。洗顔前にココナッツオイルをお顔にのせ、ポイントメイク落とし、全体のメイク落としに使用します。
その後ぬるま湯でゆすぐか、温かい蒸しタオルでふき取ります。今、モデル業界でも流行のメイク落としです。
朝晩の洗顔後、1〜2滴のココナッツオイルをお肌に塗ります。塗るタイミングとしては、化粧水の後に塗ることも有効ですが、前に塗ると肌が柔らかくなり化粧水の浸透が高まるのでお勧めです。現在使っている化粧水や
乳液にオイルを少量混ぜて塗る事で保湿力を高めます。
肌に元気がない時や、アンチエイジングのための習慣としてココナッツオイルを使ったマッサージがお勧め
です。オイルを使ってマッサージを行うことで、肌への摩擦が軽減されるとともに、オイルの栄養分が肌に浸透し、肌を健やかにします。ボディケアとしては、すぐれた保湿効果や抗菌作用により妊娠線に使えたり良いことずくめです。
サラッとしたココナッツオイルは、体の保湿や頭皮ケアに最適です。毛穴に詰まった頭皮の汚れや皮脂を定期的
にクレンジングしてあげることで、頭皮を健康にし、薄毛や抜け毛を防止する効果があります。髪の毛だけに使うときは少なめがお勧めです。